2005年12月09日

一年越しの恋実る

フランツ.jpg
いやいやー。ついにミクシイに手を出してしまったよ。
早くもめんどくささを感じてしまっているよー。

さて、今日は一年越しの恋が実った日ダネー。
その発端は丁度去年の今頃。そう、今日みたく寒い日。
見るともなく深夜テレビを付けていたら、ブラウン管の中から軽快なリズムが…。

お、なんかいいじゃん!とテレビに目をやると、そこでは深夜の音楽番組がやっていた。
聞こえる音楽もさることながら、プロモがなんともカッコいい。っていうかアホキモイ(ニュージャンル)。
なんか、ビートルズのぱくり見たいな感じだけど、なんかイカす。
そーいや常々、UKロックについての批判をよく耳にする。「結局みんなビートルズの二番煎じじゃん」て。「進歩がねえ」て。
僕から言わせて見れば「だから?」って感じ。「新しい=いい」「オリジナル=いい」って誰が決めたコラ?
UKロックなんてビートルズを超えないからいいんじゃないか!と僕は思う。みんなビートルズを意識して、その比較対象がいるからこそ、UKロックはUKロックなんじゃないか!
枠組みが決まっているから、そのギリギリの攻防が面白いんじゃないか!如何に近づき、如何に遠のくか。じゃねえの?
だから、ブラーもオアシスも下らないこと言ってないで仲良くしなさい、って感じ。
手塚大先生も、世紀末には「回顧主義が吹き荒れる」って言ってたし(多分)。
おっと話が脱線。

で、何が一年越しの恋かっていうと、そのテレビで見たミュージシャンの名前を忘れてしまっていたのよ。
CD借りようにも借りられない。もう自分の記憶力のなさを呪うしかない。

でだ。
今日、久々にCDレンタル屋さんに言ったわけ。
で、最近ソニーのCMで流れてるFranz Ferdinandの特集してたわけ。
少し気になってたバンドだったからソッコー借りたわけ。
んで家帰って聞いてたら、なんとあの懐かしい音楽が流れたわけよ!!
もうびっくりして、夕飯作ってたんだけど、包丁落っことしそうになったヨー。いやー嬉しい。こんなこともあるのね。
神様ありがとうって感じ。
今週のヘビローテだねこりゃ。

てなわけで聞いてください。Franz Ferdinandで「Take me out」―。
posted by こうへい at 02:25| Comment(33) | TrackBack(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。